ボルダリング雑学

ボルダリングジムとはどういう場所なのか

こんにちは。オーナーの山本です。

 

函館でボルダリングジムを開業して5年になろうかとしております。

ありがたいことに、”初めてボルダリングをするのが私のジム” という方が絶えませんm(__)m

 

初めてジムに行こうと思った方にとって、

「ボルダリングジムってどういう場所なの?」

「どういった事が利用する上での常識なの?」

といった事は分かりずらく、不安ではないかと思います。

 

そんなお客様に少しでも安心してお越しいただく為に、この記事では、

「ボルダリングジムとはどういう場所なのか?」

という事についてご説明させていただきたいと思います。

 

尚、内容には主観が含まれておりますし、ジムの営業目的、形態も様々ですので、その点はご理解の上お読みになってください。

 

登りたい課題は自分で見つける

ボルダリングの世界では、登っていくルートの事を 『課題』 と呼んでいます。

この『課題』は誰かに提示されるものではなく、自分で見つけていくものです。

 

ジムのクライミングウォールにあらかじめセットしてあるテープ課題をやってもいいですし、課題帳にある課題を登ってもいいでしょう。

今の自分ではちょっと難しいかな・・・?」 

と思える課題でも、時間をかければきっとクリアできるでしょう。

どんどん上のグレードの課題にチャレンジしていってください。

 

登り方は(できれば)自分で考える

私は、長い時間登り方を悩んでいる初心者の方には、登り方のヒントをお教えするようにしています。

どうしても分からないときは、自分から経験者に聞いても良いと思います。

 

ただ、初めから登り方を聞く事はクライマーとしての成長につながりません。

考える癖をつけるのは大事です。

 

他人との接触事故、怪我についても自分次第

安全面についても自分次第となっています。

他のクライマーが登ってる直下にあなたが居た場合、落下時に衝突する可能性があります。

常に周りには気を向けてください。

 

また、指の皮がむける事は珍しくありませんし、ホールドや壁で打撲をすることもあります(これは、真剣に課題に取り組んでいれば仕方のない事だと思いますが)

 

コミュニケーションを取ろう!

初心者にとって、ボルダリングジム内の事は分からない事だらけだと思います(私もそうでした!)

 

ホールドの持ち方、ホールドの呼び方、ムーブの種類等々・・・。

 

前述の通り、登り方に関しては多少考えて欲しいと思いますが、考えてもわからない事は、私山本や常連っぽいクライマーに聞いてください。

誰でも親切に教えてくれますので、どんどんコミュニケーションを取ってください!

それも上達の近道です。

facebook