ブログ

ボルダリング日記

この記事は私店長の個人的な日記です。

重要な事は書いてありませんしオチもありませんので、興味のない方は読む必要は無いかもしれません。

 

——

先週はずっと天気が悪く、外岩に行くことが出来なかった。

今週は忙しかったが、天気も良かったので半日だけ時間を作り行くことにした。今私には是非登っておきたいラインがあるのである。

 

車を停め、マットを背負い、アプローチを開始する。

アプローチの前半はエゾシカが作った獣道で、それほど労せずして進むことができる。

 

ある程度行ったところで、動物のフンらしきものが道の真ん中に落ちている。鹿のものにしては大きいし、狐のものでもない。しかも、新しい…。

 

熊???

 

向かっているエリアはほぼ逃げ場がない。

万が一ヒグマがいた場合、間違いなく対決することに…。

 

ウロウロしながら考えた結果、行く予定だった岩はとりあえず日を改めることにし、今日は手前の岩で登る事に。

実は、その手前の岩にも、

引けるのではないかなー

と感じているラインがあるのだった(本来行こうとしていた岩と比較してしまうと魅力は劣るが…)

 

とりあえずマットを敷き、軽くアップをし、少し掃除をしてから、そのラインをやってみる。

 

思ってたより難しいじゃん…。

 

スタートから一手目はまぁ取れる。しかしその次が、ワンフィンガーの甘いポケットとなっており、保持するのが精一杯。次のホールドを取るところまで体を上げられない。

足も深く体重を逃がせないので、尚更指の負荷が高い。数回やっただけで指がヨレ出す。

安全の為、ジムではワンフィンガーのポケットは付けていないのだが(パキるからね)、さすがに外岩は容赦ない。

このライン、短いが、グレードは7a付けてもいいのではないかなーというレベルだった。嬉しい。

ジムでトレーニングするかな。

 

ちょっと今日は厳しいので別の課題を触る。

こちらは既に登っていて、難易度は低いが、ヨレ出した体にはこちらも厳しかった。

おまけにスタートのホールドが少し欠けて、体が吹っ飛ぶ始末。

 

指が痛くなり時間も無くなったので、この辺で今日のボルダリングは終了。

 

帰り道、以前より太くなったカンゾウを、ブッシュクラフト用に用意したナイフで数本頂いて帰る(めっきり山菜用のナイフと化している)

自分的には、春のボルダリングのおまけ要素が野草・山菜だったりするのだが、カンゾウは細めのネギみたいなもので、甘みがあり美味である。

山菜独特のエグみアクは無く、生でかじっても旨い。

もっとメジャーになってもいいと思う。

 

少し離れた場所に移動し、こちらでは立派なウドを3本ほど。

切り口から雫がしたたった。

 

山菜の王様アイヌネギは、花が咲き葉が黄色くなりかけていたのでパス。

 

 

ところで冒頭のフンだが、後で調べたところ、

鹿の夏フン

というものの可能性が高い(あくまでも可能性)

 

鹿のフンと言えば豆の様なコロコロとしたものを想像するし、実際に良く見るが、春になり食べるものが変わると、大きなものになる事があるらしい。

 

ちょっと損した。

 

まぁ一つ賢くなったので良しとしよう。

facebook