ブログ

Esan rock trip(2017.4.23)

4月23日(日)に恵山で登ってきました。

 

恵山エリアとは、知る人ぞ知る天然温泉 ”水無浜温泉” の先にある、ボルダリングのエリアです。

エリアの規模としては、中くらいでしょうか。全国的には無名のボルダリングエリアですが、なかなか面白い課題があります。

岩質は火山岩で、劣化具合は岩によってマチマチですね。

 

 

当日往路は、函館を8時に経ち、恵山には9時半着って感じでした。

有珠などに比べると近くて、運転疲れも少ないです。

函館のクライマーとして、大事にしたいエリアです。

 

現地に着いて、マット背負ってアプローチです。

天気は文句なし。最高のコンディションでした。

 

恵山のアプローチは、下地がゴロゴロ動くので気を付けましょう。

紐の靴を履いている場合は、ちょっときつめに締めると良いと思います。

 

攻博士

まずはスラブ課題でアップ。

中央のガバ帯は使わず、できるだけカンテに逃げずに登ります。

外岩の経験が少ないクライマーにとっては、岩のどの部分がホールドなのかを見極めるのが難しいと思いますが、みんな登れました。

 

5~6aの岩

次のボルダ―。

これは私が木曜日に恵山に行って、設定しておいた課題があるボルダ―です。

今のところ5台~6a の課題があります。

高さは2mちょっと?で、マントル時の恐怖もソコソコ、岩質も手にやさしめなので初心者にお勧めです。

これもみんな、何かしらの課題を登れました。

 

風に吹かれて

次に移動し、”風に吹かれて(ショートバージョン)”をやります。

自分は用事があって、このあたりで先に函館に戻らせてもらいました。近いって素晴らしいですね~

この課題を登った人はさすがに一人だったようです。

”風に吹かれて”は、道南に住む初心者クライマーの目標になる、良い課題だと思います。

 

奥では7a+の課題にチャレンジしてますね。

 

”風に吹かれて”の後は、”恵山のニャンマゲ”をやったようです。

自分も恵山に始めて行ったときに登った課題で、小さいボルダ―ですが、面白い課題です。

 

 

恵山はまだまだ課題がありますし、なんといっても近くて気軽に行けるので、みんなで楽しもうと思っています。

facebook