オーナー自己紹介

函館のボルダリングジム エクストリーム 店長

エクストリームのオーナー:山本 忠隆

 

経歴

函館工業高等専門学校 情報工学科 を卒業後、電子音楽・楽器へのの興味から、某楽器メーカーにてエンジニアとして勤務。電子回路設計、FPGA設計などで電子楽器、デジタルオーディオミキサーの開発に携わる。この頃浜松スクエアクライミングセンターにてボルダリングと出会う。

11年間勤務後、どうしても函館で生きていきたくなり帰函(2010年)。

当時函館市栄町にあった、民家2階を改装した某ボルダリング部屋で登る。しかし、そのボルダリング部屋は、6畳2間という狭さの為ムーブの制限が大きく、また常駐者がいない為ゲストが入れない、また管理が甘かった為、電気が止められる等のトラブルが続き、ジムとしての体裁は無いに等しかった。

ボルダリング仲間がまともに登れるジムを作りたいという気持ちが強くなり、函館初のボルダリング専用施設 エクストリーム の営業を開始(2011年)

xtreme

 

また、製造業で得た知識を生かし、クライミングホールドの製造を開始(ゴライアスクライミングホールド

logo_01411x200

 

規模拡大の為、函館市亀田港町から函館市亀田町へ店舗を移転(2015年末)

facebook_top

 

今に至る。

 

ボルダリングはフィジカルだけ鍛えてもダメ。ガチで(頭使って)登りたい人は私のジムへどうぞ。

(…といいつつ自分の得意技は右ピンチだったりする)

 

外岩は、恵山(函館市)、有珠(伊達市)、持田(島牧村)、アヨロ(登別市)等、道南で登っています。

 

その他

趣味は釣り(今は年数回しか行けない…)

好きな音楽ジャンルは、ファンク、ジャズファンク、ドラムンベース、ハウスなど。