ブログ

エクストリームの料金はなぜ安いのか

函館のボルダリングジム エクストリームの利用料

エクストリーム以外のジムで登った事のない方は、ジム利用料の相場をご存じないかもしれません。

実際のところ、一般的なボルダリングジムの利用料はエクストリームのそれよりも高いです。そして、運営する立場では、もっと高くした方が楽なのでしょう。

エクストリームの料金表(ご利用案内)

それでもなぜエクストリームは利用料にこだわるのでしょうか?

 

利用料にこだわる理由

それでもエクストリームがなぜ低価格にこだわるのか、と言えば、それはひとえに

  • ボルダリングを続けて貰いたいから
  • その環境を(あまり経済状況の良くない)函館で整えたいから

に他なりません。

これは、2010年末に函館初の営業ジムを函館市亀田港町で開始した当初からの理念であり、普遍的なものです。

マンスリーパスを継続する場合を考えてみると、他ジム様とは年間数万円の差があります。クライミングシューズが2足買えてしまうくらいのコスパの違いがあるのです。

 

ボルダリングジムとしての質は

利用料が安いといっても、ボルダリングジムとしての質は常に追求しています。具体的には

  1. 随時最新のホールドを入れ、
  2. 幅広い角度の壁(スラブ~垂壁、被り)があり、
  3. 課題の質が高く、幅の広いムーブが楽しめる

現状でそんなボルダリングジムと自負しております。

 

質の高さの証明

ありがたいことにジム移転(2015年12月)前後からボルダリングを始めた、キャリア1年程度のクライマーが、

  • ノースフェイスカップ2017予選で全完優勝(2人)
  • 外岩で一級以上を one day で完登(2人)

という成果を上げています。

これほどクライマーを強くするジムは中々存在しません。

2016年後半には、135°の傾斜が5m弱続く道南の営業ジム最強の壁が完成します。

上記の実績や壁の角度の豊富さ、クライマーを育てる課題の質の高さを見ていただければ、安かろう悪かろうは、エクストリームには当てはまりません。

むしろ、利用料がお得なのにクライマーを強くするジムであることがお分かりいただけると思います。

 

 

 

上記理念をご理解の上お越しいただけると大変ありがたいです。

オーナーより

facebook